Yumeiro 今日は何色?

青空にポツンと浮かぶ”はぐれ雲”のように、いつも自転車で気ままな一人散歩。気になることあれば世に一言申しあげる!

被災地の笑顔…

被災地の笑顔が報道でも伝わってきますね。

東北の人たちはほんとに凄い。

数年後に世界中が驚くような復興を成し遂げるような気がする。

そんな被災地の中の笑顔です。
 

協力会社…

今日は「協力会社」についてちょっと感じていることを。

 

報道によれば、被災した福島第一原子力発電所の復旧作業で東京電力の協力会社の作業員の方が二人被曝されました。

20代から30代というから若い方々ですね。国家的危機に立ち向かう作業なのですから国の責任で十分な治療とアフターケアをしていただけるよう願います。

 

作業した室内は水深15センチでくるぶしまで浸かって作業…ということですから、とても作業性の悪い状況でしょう。放射線の恐怖や暗闇に加えて水に浸かった状況で電力の復旧作業をするわけですから辛い作業ですよ。

恐らく今現在もそのような状況で復旧作業をされている方々がいるのでしょう。

頭が下がります。無事に作業が終わることをお祈り申し上げます。

 

この原発災害と復旧に関わる報道が始まってから気になりだしたのが「協力会社」という存在です。

私の経験や知識でしか言えませんが、専門性の高い分野ほど協力会社の方が圧倒的に知識・経験・能力・実績の面で優れています。

私はサラリーマン時代に1000人ほどの技術者集団の会社に居りました。その時の記憶でもやはり協力会社の方は優秀な方が多かったです。

一匹狼の方から数人、数十人の協力会社が大半でした。

私のいた会社はいわゆる国や自治体からの「元請け」でした。忙しいときには自分の担当する業務が10件を超えていましたから、協力会社の方々には随分と助けていただきました。ほんとに公私ともにお世話になりました。

1業務当たりの関係機関やメーカー等が10~20者ほど(1者当たりに更に数人の担当者が…)でしたから全てを把握するだけでも大変でした。

お電話で先方から電話連絡があっても、どの業務の関係者なのか判らなくなってしまうほどでした。ひどい時代でしたが多くの経験を積めたのも確かです。

正直なところ私も「丸投げ」をすることがありました。時間・能力の面でも無理な状況でしたから。打ち合わせの席で「立会人」みたいな自分が嫌だったことを覚えています。

自分の無能さ能力の低さを嘆く瞬間でしたね。

 

その頃にお付き合いしていた協力会社の方とのお話で、記憶に残っているものがいくつかあります。

「今後のことを考えると無理な仕事(納期や内容あるいは金額)でも断れないんだよ」

「一度断ると次の仕事がこないと思ってしまうものだよ」

「”外注者”という呼び方は嫌だね。”協力会社・ビジネスパートナー”にしてよ」

といったものです。

それ以来、若かった自分も発注の仕方や態度には気を使うようになりました。

 

今回の福島第一原子力発電所の復旧作業に関わる協力会社の方々、心配なのは福利厚生面です。東京電力は大きな会社ですから、怪我などで入院しても休業手当などあるでしょうし失職の恐れも少ないでしょう。福利厚生面では手厚いものがあると思います。

問題は協力会社の方々が適正な処遇を受けられるのか否かです。国も東京電力も十分に配慮していただきたいと思います。

 

話は戻りますが、サラリーマン時代にいた会社でも気になった事がありました。

協力会社の方に対する「態度」です。自分の会社の大きな看板を背にして、相手に対して横柄な態度をとる者がいることでした。

たとえ数人の小さな会社の方でも「社長さん」であったり「主宰者」の方なのです。一従業員である自分たちが上から目線で接することなど許されないことと思うのですが、残念な事に年配者から若い者まで何人もいたことを覚えています。

所属する組織の規模=所属する者の器や地位 ではないと考えています。

これからも気をつけてゆこうと思います。

 

そうそう、こんな協力会社の社長さんがいましたっけ。

「5000万円の貯金をしている男と5000万円の借金がある男、付き合うなら5000万円の借金がある男と付き合った方が良いですよ! その男は自分に5000万円の投資をした男ですから!」と。…この社長さんには可愛がっていただき多くの事を教わりました。

…ところで社長さん、ご無沙汰してますが5000万円の借金は返済できましたか?

私の人生で出会った中でも一二位を争うパワフルな方でしたから心配など無用でしょう。

でも、まさか1億円の男になんかなってませんよね? ははは。

放射線被曝…

福島第一原発が東北関東大震災で被災したニュースは衝撃的でしたね。

日本の原子力発電所はバックアップシステムや安全策が何重にもあるから心配ないと多くの人が信じていたのではないでしょうか。

恥ずかしいことですが私も根拠も無く信じていました。

専門家や学者が安全策を講じているから大丈夫… ではありませんでしたね。

 

何の仕事でもそうだと思うのですが、専属の担当者だけで仕事を続けているといつの間にか「無駄なこと」や「思い込み」「古いやり方」に縛られてしまいますよね。

別の仕事を担当していた方が合流すると「…!?。なぜこのやり方?」や「こうすればいのに」あるいは「前提条件自体がおかしいのでは?」といった指摘を受けることがありますものね。

残念なことですが、我が国の原子力も「専門家」や「担当官庁のお役人」に任せすぎていたのかもしれませんね。

 

ちなみにこのような専門性の高い分野は「演劇」に譬えられるような気がします。

専門家=役者さん、担当官庁や国家など=プロデューサー・ディレクター、観客=国民、でしょうか。

何れかだけが優れていてもダメですし、何れかがダメでも良いものは出来ませんからね。

良い観客=見ているだけの客、ではないですからね。

良い観客=良いものか否かを見極める目を持ち、反応や意志を明確に示す、のではないでしょうか。

私は恥ずかしいことに「良い観客」ではありませんでした。ただの傍観者でした。

 

たしかに今回の福島第一原子力発電所の被災は「想定外」であったかもしれません。

M9.0の大地震、10m以上の高さの大津波…

想定値にするには大きすぎたのかもしれません。

未知の災害に備えるには莫大な費用を要しますし、予算の妥当性を検証することも出来ませんからね。

それでもやはり「他の予防措置や安全策があったのではないのか?」と感じているのは私だけでしょうか。

 

私は原子力の「素人」です。

それでもやはり「外部から電源や冷却水を接続する方法ぐらい考えて作れよ」とか

「使用済みの燃料棒は原子炉から離して管理できないのかよ」と思ってしまうのです。

恐らく専門家の方は「素人考え」「金がかかりすぎる」と笑うのでしょう。

しかし「もしもの時」を国民や周辺に住まう方々の目線で考えることをしていたら

こんな素人考えでも一蹴はできないのではないでしょうか。

 

被災してから連日のように原子力の専門家の方々がテレビに出演されています。

政府の方、枝野官房長官、ほんとにお疲れさまです。

でも、テレビで連呼しておられる「直ちに健康に影響が出るものではない」が信じられません。

他のブログで下記のような例え話が書いてありました。

「タバコを吸っても直ちに健康には影響ありません」

「発ガン物質を食べても直ちに健康には影響ありません」

……上手い喩えだ。

確かにタバコ吸っても、発ガン物質を食べても直ぐには病気にならないし死なない…

それでもタバコを吸う方が減ったのも、発ガン物質が食卓に並ぶ食品から駆逐されているのも「相当なリスクがある」と皆が認識し判断したからでしょう。

 

放射線被爆の恐怖。私だって怖いし心配です。息子が二人もいますから尚更です。

専門家の方々がテレビで連日のように連呼する「大丈夫」が大丈夫と思えません。

別に恐怖を煽るつもりはないのですが。

こんなご意見もありますし。

「想定外」の悲劇を繰り返さないとよいのですが。

自己責任で情報を幅広く取得して自己防衛、自己判断するしか無いようです。

 

テレビで40歳以上はあまり心配ない…みたいなこと言っていたけれど本当かね?

たしかにスタート地点とゴールでは明らかにゴールの方が近い歳だけどね。

今更遺伝子に異常が発生しても墓場に持ってゆくだけだからな私の場合。

それでも心配だし怖いよね放射線被爆。

自転車で一日中走ることや野原で日向ボッコしながら昼寝するのが趣味なのだけれど。

紫外線に加えて放射線まで降り注ぐとは…

我ながらリスクに真っ正面から立ち向かうような趣味だと思う。

 

こんな時は永ちゃんの歌で元気つけよっと。

さあ、次の休日が気持ちよく晴れたら肝試しとしますか。

いつの日か…

横浜は今日も曇り空

11日の東北関東大震災の発生以来、テレビから連日伝わる被災地の惨状に心も曇り空

酷すぎる、悲しすぎる

大切な人を大切なものを残酷な津波が奪っていってしまった

それなのに追い討ちをかけるように放射能が姿を隠して襲いかかる

 

瓦礫の中にどれだけの悲しみが埋まっているのだろう

見えない放射能に立ち向かっている人たちの心の中にはどれだけの恐怖が隠されているのだろう

海上の米軍艦や自衛艦、海上保安庁の船、遠地で救援物資を必死に送り出している人たち

テレビに映らないところで必死に戦っている人たちがいる

強い意志と勇気ある行動に感動 ほんとうにありがとうございます

 

親近感があるけど遠くの国、様々な問題を解決できずにきた隣国の人たち

分け隔てなくほんとに世界中の人たちが心配し救いの手を差しのべてくれている

あたたかい心に感謝しています ほんとにありがとうございます

 

十数年前に仕事で東北一帯を担当していたことがあります

宮古や気仙沼、大船渡、名取仕事で歩き 関わった場所ばかり

名取川に架かる橋にも関わったことがあって 冬の早朝に現場写真撮りにいったな

盛岡から宮古まで出来立ての打ち合わせ資料載せて必死にレンタカーで走ったな

成果品の納品のとき 先方に喜ばれて 帰り道は口元がゆるみぱなしだったよな

現場調査の終わった夜に気仙沼で上司と食べたお寿司美味しかったな

そんな思い出がたくさんある場所

 

それなのに震災直後の悲惨なヘリコプターからの映像

壊滅状態の陸前高田の状況…………!!っ

 

自分が関わった施設の建物が残ってる!

海辺の大きなホテルの横に 三角形の特徴的な形の建物が残ってる!

道の駅だった施設の建物が

会社にはあまり実績が無い仕事だったけど 担当に指名されて嬉しかったな

良い仕事がしたくて連日の徹夜で報告書や資料を作ったあの施設が

自分が関わった建物内の設備はメチャクチャになっているのだろうけど 建物は残ってる

働いていた人たちは無事だったのだろうか

建物は海側が最上部まで階段状になっていて 眼前の高田松原の静かで美しい風景が

遠くまで見渡せる素敵なところだったのに

ぽつんと残された建物があまりにも悲しく寂しそうに見えて

涙が止まらなかった

 

被災地にたくさんの笑顔が咲くのはいつになるのだろう

皆の心が青空になるのはいつなんだろう

 

でも、きっと清々しい青空は訪れるよね

そう信じたい

今までだって辛い状況から何度も立ち上がってきた国なのだから

どの地にいても晴れやかな青空が頭上にも心の中にも広がる日が来るはずだよね

世界中の助けてくれた人たちに笑顔で復興を報告できる日は必ず来るよね

 

被災地から遠く離れた地にいるくせに もう辛くて悲しくて心が折れそうだ

でも 自分には自分がやるべき役割があるはずだから 少しずつでしかないけれど がんばろう

 

今日も これからも 転んだり、回り道しながらでも 私もがんばって生きていきます
 

livedoor プロフィール
My1号機-ご同輩の画像検索
本ブログパーツの提供を終了しました
My2号機-ご同輩の画像検索
本ブログパーツの提供を終了しました
My3号機-ご同輩の画像検索
本ブログパーツの提供を終了しました
  • ライブドアブログ